07-05
  • 10:07 PM MSR(メインサイトリライター)アフィリエイター必見の優良リライター
  • 12:01 AM ふるさと納税は、どこがお得!?
  • 10:57 AM 収入印紙は、いくら以上の領収書に必要?
  • 9:30 AM クレジットカードでマイルを貯めるのはNG【JAL・ANAマイルを大きく稼ぐ裏技】
  • 10:26 PM 予定通り!Yahooの検索順位が5位から1位(トップ)へ上り詰めました!

2018年版
著作権回避して
YouTube再生回数を伸ばす裏技

今やYouTuberという言葉が存在するくらい身近になっているのがYouTubeです。

投稿した動画の再生回数を増やすことで、広告収入を得るのがYouTubeで収益を上げる代表的な方法です。

YouTubeを始めたばかりの初心者が一度はぶつかる壁、著作権侵害や再生回数の伸び悩みについての、私なりの解決策を書きます。

初心者がYouTubeで再生回数を伸ばせない訳

2016年まではYouTubeは初心者でも非常に稼ぎやすい状態でした。
しかし、2017年に入りgoogleがYouTubeに対する規制を強化した事で、これまで稼げていた手法では稼げなくなりました。

Youtubeを運営しているgoogleは、どんなことを考えているのだろうか。

一番は、著作権侵害を抑制することです。

YouTubeで稼いでいる人をYouTuberと言いますが、YouTuberには大きく2つに分類できます。

1つ目は、

今では有名になったヒカキンさんや、ヒカルさんを筆頭に、多数のYouTuberがいます。

彼らは、独自のコンテンツ(動画の企画)を考え、それを自分でやってみせることで、オリジナルティのある動画に仕上げています。

2つ目は、

TV番組を録画したものなどをPCで編集してYouTubeに投稿する、いわゆるパクリ動画を作成するYouTuberです。

このパクリ動画というものは、TVで見逃したからYouTubeで見ると言った視聴者からの需要が多くあり、またHuluやGYOなど月額課金制のアプリと異なり、無料で動画を見れることから非常に稼ぎやすい動画として多くのyoutberがパクリ動画を投稿していました。

以前は、このようなパクリ動画でもYouTubeへアップすることで稼げていたため、パクリ動画が多くなり過ぎたことからGoogleは規制をし始めたのです。

そして、2017年に入り、著作権侵害の規制強化にgoogleが踏み切ったということなんです。

今では、著作権侵害で再生回数が伸びない訳

大きく分けて2つに分類されるYouTuberは、

オリジナル動画を投稿するYouTuberと、パクリ動画を投稿するYouTuberということですが、この2種類のYouTuberには大きな違いがあります。

それは。。。。。

再生回数の伸ばし方なんです。

オリジナル動画を投稿しているヒカキンさんやヒカルさんは、

再生回数やチャンネル登録者数が増えるまで諦めずに努力して下積みを経て、今の地位を獲得していると言えます。

つまり、当たり前の手法ではありますが、一番時間がかかる方法で、今の地位を確立したと言えます。

一方、パクリ動画を投稿していたYouTuberは、

人気アニメや、話題のドラマ、話題性の高いニュース映像などで再生回数の伸ばす方法を取っていました。

いわゆる、トレンド動画のキーワードで多くのアクセスを集めるため、非常に再生回数が伸びるのが早いのです。

そのため、チャンネル登録者数も獲得するのも早いし、次々と動画をアップすればそれだけ再生されて、ドンドンとチャンネル登録と再生回数が増えていきました。

この方法は、著作権を無視した手法と言えます。

著作権を無視した手法を規制することになり、、、、

2017年以後、著作権を無視した手法を規制することになり、それまで稼げいたパクリ動画をアップロードすることができなくなり、著作権を無視したアカウントは削除になるなどして、締め出されるYoutuberが続出することになりました。

人気の高い番組や、話題性のあるニュース番組などは、著作権を守る観点からYoutubeへ投稿できないため、その手法で稼げいたYoutuberは稼げなくなりました。

地道な手法でやってきたYouTuberは、チャンネルそのものに力があり、今ではブランド力ともなって、安定的に再生回数を伸ばし稼ぎ続けています。

パクリ動画でしか稼ぎ方を知らないYouTuberは、今ではほぼ姿を消したと言えます。

しか~し、

パクリ動画が100%通用しなくなった訳ではありません。

例えば。。。。

Xさんと、Yさんがお笑いの動画を投稿したとします。

Xさんの動画は著作権侵害により動画を削除されましたが、Yさんはある対策を取っていたためgoogleの削除対象から外れました。

その対策とは何でしょう。。。。。

同じ動画をアップロードしたのに削除されるものとされない差が生まれるのでしょうか?

実は、、、、

著作権侵害を旗印に規制をしはじめたGoogleの監視を上手くすり抜ける方法があるのです。

Yさんの動画が、著作権侵害からすり抜けた方法とは。

その方法をお知らせする前に、

ここで、著作権侵害となる手法について、もう少し解説したいと思います。

質問です。

下記に2つの動画のスクリーンショットがあります。

この動画の違い、あなたに分かりますか?

動画X

動画Y

動画Xと、動画Yの違い。。。。

違うのは画面の「比率」と「大きさ」です。

なぜ、画面の比率や大きさを変えると有効なのか?

これで、著作権侵害の指摘を回避するためなのですが。。。。。。

2つの動画について解説すると、

動画X

この動画は、2016年の年末に放送された「おもしろ荘」に出演したブルゾンちえみの動画です。

これは、TV放映されたものを、そのままYouTubeに投稿しました。

TV放映された番組を録画し、そのままYouTubeに投稿するのは著作権違反です。

この動画を投稿すると直後に警告が表示され、削除されていしまいます。

動画Y

この動画は、動画Xと同じ番組の動画です。

見た目では動画Xと似ているとも言えますが、明らかに構成が違うのです。

まず、赤枠のところから解説をしていきますよ。

動画Y

どうして、わざわざ画面を小さくして見ずらくしているのでしょうか?

それは、画面の大きさや画面の比率を変えることで、TV番組の動画ではないとgoogleに誤認識させることができるのです。

動画Yに施したgoogleへの対策を箇条書きにするとこのようになります。

・投稿動画のサイズを変える事で、googleに誤認識させることができるのです。

サムネイルのサイズが大きいと認識されてしまことがあるので、元の大きさの1/3程度が良いと思います。

・チャンネル名をサムネイルに入れる事で、オリジナル動画かのように演出し、googleに誤認識させることができるのです。

・更に、動画の音声のキーを高くして、音源もオリジナルのTV番組とは違うものとgoogleに誤認識させる対策が取られています。

このような対策を施すことによって、

パクリ動画を投稿し続けていましたが、、、、、

しかし、この対策でも2017年2月には見つかり、ペナルティーで動画削除ではなく、いきなりアカウント削除され、確定していた報酬の数十万円が泡に消えました。

もちろん、このような対策を取っていて残っている動画もありますし、すぐ消される動画もあります。

Googleがどの様な方法で監視し、取り締まりをしているのか、対策を立てるのは困難です。

少なくとも、現在では、この手法でyoutuberとして生き残ることは出来ないと思います。

では、、、、、

今後、どのようにすればYouTuberとして生き残って行けるのでしょうか?

これ以上になると、話が長くなるので。。。今日はこの辺で。。。。

YouTubeの仕組みを知りたい方は、
コチラをクリックしてみて下さい。

※↑無料でYoutubeのノウハウがもらえます。

最新のお得情報

RELATED ARTICLES