オカシイだろう。日大・内田前監督ら立件見送り!?

このパワハラが見送りなら、宮川選手の会見は意味がなかったのか。
殆どの日本人が宮川選手の会見が正しいと思っている中で、第三者委員会が内田監督の指示だったと認定した事実は何もならなかったのか。

しかも、内田正人前監督と井上奨(つとむ)前コーチの立件見送りなのに対し、宮川泰介選手は傷害容疑で書類送検とは、どういうこと?

日大の第三者委員会と関東学生アメリカンフットボール連盟規律委は、指示ありと判断しているのに、何を根拠に警視庁特別編成チームは、指示なしと判断しているんだろう。
200人以上事情聴取したらしいし、動画解析したらしいが、あれで指示なしって判断できるのか?

警察上層部に日大出身者が多いからこういう判断になるのかもしれないが、これこそパワハラだと思う。
警察が裁くのではないんだから立件し、司法の判断が難しいのであれば、裁判員制度で民間人の判断を仰げば良いと思う。

<ご参考>Yahooニュース
日大・内田前監督ら立件見送りへ 警視庁、危険タックル指示なしと判断(2018/11/13(火) 5:00配信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です