北ガスアリーナ札幌46(札幌市中央体育館)

「札幌市中央体育館」が「北ガスアリーナ札幌46」という名称で、今年4月下旬にオープンでします。※「北ガスアリーナ札幌46」はネーミングライツ。

現在の中央体育館はかなり古いので、建て替えができて良かったです。
場所は、現在の中央体育館とは違い、北へ約500mの場所へ移動します(札幌市中央区北4条東6丁目:地図)。

新中央体育館のメインアリーナは、メインアリーナ1つで、バドミントンコート16面も張れるらしく、市内の各区体育館の中では一番大きい体育館となります。
それに合わせて、来年度、大谷地クラブオープンもこの体育館で大会を開催したいと思っています。
しかし、専用使用をする際は、空調費を別途支払う必要があり、その分が割高になります。
※7~8月は冷房費。11~3月は暖房費。しかも、夏場の冷房費の方が冬季間の暖房費よりも高額になるらしい。

そのため、空調費がかかる時期に大会を開催する際は、参加料にプラスして空調費をお預かりすることを検討中です。

それでも、北海きたえーるに次ぐ大きさの体育館が新設されるというのは、スポーツをする者として大歓迎ですし、とても嬉しいことです。
私自身、この「北ガスアリーナ札幌46」で初めてプレーをするのは、6/29-30開催の北海道シニア大会になりそうです。

0